レディースクリニックの不妊治療

レディースクリニックの不妊治療の内容は、各医療機関の担当の医師の方針や患者の希望などによって、大きな違いがありますが、早期に信頼のおける通院先を決めることが重要です。特に、高度な治療が導入されているレディースクリニックは、全国の都市部を中心に増え続けており、高額な費用のコースに申し込みをするうえで、担当の医師と相談をしながら、通院のスケジュールを考えることが良いでしょう。また、不妊の原因を調べるために、様々な検査を受ける必要があるため、医療環境の優れているクリニックの特徴を理解することが成功のポイントです。

不妊治療の種類と治療内容

レディースクリニックでの不妊治療では、基礎体温のデータをもとに排卵日を予測して最も妊娠しやすい期間に性行為を行う「タインミング法」から始める場合が殆どです。タイミング法を数周期行っても妊娠しない場合には精子を採取後に洗浄し、更に濃縮してから子宮内に注入する「人工授精」、それでも妊娠しない場合には精子と卵子を体外で出会わせてから子宮内に戻す「人工授精」というように徐々に治療の段階を進めていくステップアップ治療を行います。どの治療をそれくらいの期間行うかは不妊の原因や年齢などで異なるので治療を受けるレディースクリニックに事前に相談することが必要となります。

↑PAGE TOP